1万借りる

今すぐ1万円が必要なあなたが借りれるカードローン

すぐ申し込めば今日中に融資が可能なカードローンをご紹介します。
以下の当てはまる方で今日中に融資可能か今すぐチェック!
あなたはどっち?
定期的な収入がある方はこちら(アルバイト・パートも含む)
プロミスで融資可能かチェック

専業主婦(無職)の方はこちら
みずほ銀行カードローンで融資可能かチェック

今すぐ借りたいならまず自動審査で、融資可能か、いくら借りれるかチェックしましょう。
※基本情報に基づいた自動審査なので、実際には審査に通らない場合があります。
※銀行系カードローンの場合は自動審査はありませんので、申し込み→審査となります。

今日中に1万円借りるならプロミス

プロミスは24時間いつでも来店不要で最短即日融資を受けることが可能です。
安定した収入が見込める方であれば、パートやアルバイトでも借入する事ができます。
WEB契約なら来店不要なので、近くに店舗が無くても大丈夫。
借入に必要な書類は、インターネットで提出できるので、パソコン・スマホがあれば、いつでもどこでも利用できます。
当日14時までの契約で、指定口座へ即日振込されるので、今すぐお金が必要な時に便利です。

\ プロミス申込はこちら /
プロミス公式サイト

プロミスで今日中に1万円借りる即日融資の流れ

公式サイトはこちら

パソコン・スマートフォンで専用サイトからお申し込みが可能です。
当サイトから専用サイトにアクセスできます。

お申し込み完了後、自動審査で大体の限度額を知ることができます。
最短30分で審査結果がメールまたは電話で連絡が来ます。※申し込み時に指定した連絡方法
必要書類は専用のアプリ、またはメールで提出する事ができます。
必要書類の提出方法
プロミスでの借り入れには「運転免許証」が必要です。
(運転免許証が無い場合は健康保険証、またはパスポートでもOK)
PCで提出
上記書類をスキャナで取り込み、メールに添付して送ります。

携帯で提出
上記書類を携帯用カメラで撮影し、メールに添付して送ります。
※記載されている字が読める必要があるので、丁寧に撮影してください。

平日14時までに契約内容をネット上で確認できれば、当日中に指定口座に振り込みしてもらえます。

もっと急いでいるなら来店契約!

上記と同じ流れで必要書類提出後、お近くの自動契約機・または店頭窓口へ行きます。
そこで契約書類作成が完了すると、カードがその場で発行され、すぐにキャッシングが利用できます。
今すぐ現金が必要ならこちらの方法がおすすめ!

\ プロミス申込はこちら /
プロミス公式サイト


専業主婦(無職)でも借りれるみずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローン

消費者金融のキャッシングを借りる為には安定した収入が必要な為、専業主婦の方は利用する事ができません。
しかし、専業主婦の方でもお金を借りる必要がありますよね。
そんな時には銀行系のカードローンが利用できます。中でもおすすめなのがみずほ銀行カードローンです。
みずほ銀行カードローンは、専業主婦の場合、最大30万円まで借入できます。収入証明書の提出は不要。
みずほ銀行の口座をお持ちであれば、即日融資も可能です。

みずほ銀行カードローンの利用には、みずほ銀行の銀行口座が必要です。
既にみずほ銀行の口座をお持ちであれば、来店不要、WEB完結で即日融資を受けられます。

\公式サイトで詳しく見る/
みずほ銀行公式サイト


現在口座をお持ちでない方でも、銀行口座は来店後即日で作ることができます。
その後、カードローンを申し込む事で即日融資が受けることが可能です。
また、WEB完結申し込みの場合、利用開始まで数日かかってしまいますが、当日中の審査回答は可能です。
まずはWEBから利用可能かどうかチェックしてみる事をお勧めします。

おすすめ即日カードローン一覧

金利: 4.5%〜17.8%  審査スピード: 最短30分
プロミスは、スピーディーな審査により、即日融資が可能です。来店不要で指定口座へ振り込みしてもらえるので、お店に行く暇がないと言う方でも安心。
プロミスでは、30日無利息サービスを行っており、初回利用日の翌日から30日以内の返済であれば、無利息で借り入れできます。
今すぐ借りてすぐに返済予定の方であれば、特にこのサービスはおすすめです。
まずはプロミスで借り入れ可能か自動審査でチェックしましょう。
※申し込みの時間や曜日により、審査に時間がかかる場合があります。
金利: 4.5%〜18.0%  審査スピード: 約3時間〜半日
レイクは、平日14時までのWEB申し込みで即日振込が可能です。
レイクでは、180日無利息と30日無利息の2種類の無利息サービスがあります。
180日無利息⇒初回の貸付に適用され、180日間無利息になります。(この180日間中に追加で借り入れした場合、追加借入分には無利息が適用されません。
30日無利息⇒初回借入から30日間の間であれば、追加借り入れ分も無利息で借り入れできます。
自分のプランに合った無利息サービスを選んで、お得に借り入れできるのがレイクのカードローンです。
※利用者体験談を基に出した、だいたいの目安です。
金利: 4.8%〜18.0%  審査スピード: 約1時間
モビットの魅力はWEB完結申し込み
郵送物・電話連絡なしで借入できるのが特徴です。
カードも送られてくることが無く、借入の手続きは全てネット上で完了できます。平日9:00〜14:50のお手続きなら、なんと最短3分で指定の銀行口座に振り込まれます。
WEB完結で利用できる口座は三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行の口座に限るので、どちらかの口座をお持ちの方におすすめです。
※利用者体験談を基に出した、だいたいの目安です。

1. 1万円を今日借りるならキャッシング?カードローン?

キャシングもカードローンも即日融資を行っている金融会社はあります。
すぐに1万円借りたいと考えた時に、キャッシングとして借りるのか、カードローンとして借りるのか迷う方もいるのではないでしょうか。
お金を借りる際には審査があります。
この審査の審査の通りやすさで選ぶのならキャシングの方が借りやすいと言えます。
カードローンは審査が厳しいため、審査が気になるという方はキャッシングがオススメです。
また、審査の通りやすさを気にしないのであれば、金融業者によってはカードローンを30日間無利息をいう会社もあり、短期間で1万円を返せる予定のある方は、お得にお金を借入れることができます。

1-1. キャッシングとカードローンの違い

消費者金融や銀行などからお金を借りたことのない方の中には、キャシングとカードローンの違いが分からないという方もいるのではないでしょうか。
このキャッシングとカードローンの違いに支払い方法があります。
キャッシングは一括払いに対し、カードローンは分割で支払います。
また、キャッシングは小口の融資ですが、カードローンは大口の融資も受けることができます。
このように、よく聞くキャシングやカードローンなどにははっきりとした違いがあります。
ただ、最近ではキャッシングと言っても、リボ払いなど様々な支払い方法を提供しているところもあり、支払い方法での線引は違いがなくなってきています。

1-2. 消費者金融・銀行以外でお金を借りる方法

仕事をしていて一定の収入があれば消費者金融や銀行でお金を借りるのが便利なのですが、一定の収入がない方は別の方法でお金を借りる必要があります。
お金を貸してくれる家族や親戚、友人などがいる場合には、そういった方にお金を借りるのも一つの方法ですが、貸してくれる人がいない場合に金融業者を頼らず借りる方法はいくつかあります。
国からお金を借りる総合支援資金貸付、年金受給者が利用できる年金担保貸付事業、市役所などの公的機関からお金を借りる生活福祉資金貸付制度などの方法があります。
各制度を利用してお金を借りるには一定の条件を満たす必要はありますが、一定の条件さえ満たせば無利息でお金を借りることができる制度もあります。

2. プロミスの特徴−金利・返済方法・条件

気になるプロミスの金利(実質年率)は4.5〜17.8%で、他の消費者金融と比べても高めの金利になっています。
返済方法は店頭窓口・プロミスATM・口座引落・振込み・コンビニなどが利用でき、インターネット返済もできます。
インターネット決済では、三井住友銀行・三菱東京UFJ銀行・ジャパンネット銀行・みずほ銀行・楽天銀行などの口座が必要になります。
プロミスでお金を借りる条件としては、年齢が20〜69歳の方で、借りる方が安定した収入があることが条件となります。
他の消費者金融と比べると高めの金利ですが、短期間での返済ならあまり気にならない金利と言えるのではないでしょうか。

2-1. プロミスの30日無利息サービスについて

プロミスの特徴として挙げられるサービスに、30日無利息サービスがあります。
このサービスはプロミスを初めて利用する方に対して、Eメールを登録し、プロミスのホームページでWeb明細を確認した方に、カードローンを30日間無利息で利用できるというものです。
そのため、プロミスを初めて利用する方で、30日以内に返済できるのなら、利息もかからずお金を借りることができます。
今までプロミスを利用したことがなく、一時的にお金を借りたいという方にとてもお得なサービスです。
利率が17.8%で1万円借りた場合には、30日で1,436円の利息が必要になりますが、この利息を無料にしてくれるサービスです。

2-2. プロミスは専業主婦でも借りれる?

専業主婦の方は、毎月の家計をやりくりする必要があり、その月の家計が厳しい時は、消費者金融などでお金を借りたいと考える方も多くいるのではないでしょうか。
プロミスでは、主婦の方でも本人に安定した収入があればお金を借りることができます。
しかし、安定した収入のない専業主婦の方はお金を借りることはできないことになっています。
プロミスで安定した収入のない専業主婦の方がお金を借りるには、ご主人に申し込んでもらう必要があります。
これはプロミスに限らず多くの消費者金融が、本人に収入がない場合にはお金を借りることができません。

3. 収入のない専業主婦でもお金を借りれる先

プロミスをはじめ、多くの消費者金融が本人に安定した収入がない場合には、お金を借りることができませんが、全ての消費者金融が同じというわけではありません。
消費者金融でも、レディースフタバとベルーナノーティスでは、ご主人に安定した収入があれば申し込むことは可能です。
消費者金融では本人が収入がなければ借りれない会社が多いのですが、銀行などでは消費者金融と比べれば多くの銀行で、ご主人に安定した収入があれば申し込みができるようになっています。
しかし、消費者金融のように本人に収入がなければ申し込みができない銀行もありますし、借りられる場合でも利用できる額は少額となります。

4. 借入限度額の決まり方は収入に関係する

お金を借りる際には、できるだけ借入限度額を多く設定して欲しいと思うのではないでしょうか。
借入限度額が多ければ、色々なことにお金を使うことができます。
この借入限度額は借りる方の収入に関係しています。
支払い能力が高い方には、消費者金融も銀行も多くのお金を借りてもらいたいと考え、借入限度額も多くなります。
しかし、収入が少なく、支払い能力が低いと判断されれば利用できる限度額も少なくなります。
ただ、この借入限度額は毎月しっかりと返済している場合には、引き上げられる場合もあります。
初めて利用し始めた時には少ない借入限度額でも、利用している間に増える場合もあるので、支払いが滞らないように返済することが大切です。

5. 会社への連絡(在籍確認)は絶対ありますか?

お金を借りるということに対して後ろめたさもあり、人に知られたくないという方は多くいます。
そのため、お金を借りる際の在籍確認が気になるという方は多くいます。
この在籍確認はほとんどの会社が必ず行います。
在籍確認をしない会社やサービスもありますが、一定の条件を満たしている方のみで、通常は在籍確認はあると考えていた方がいいようです。
ただ、会社に知られたくないという方は、事前に金融業者に伝えることで、勤め先に分からないように個人名などを利用して連絡してくれる場合もあります。
この在籍確認は、本当に会社に勤めているかの確認で、色々なことを聞かれることもありませんので、気軽に対応してみてはいかがでしょか。

6. お金借りる審査に落ちるのはこんな人

審査に落ちるかどうかは、その人の信用度によって決まります。
信用度が高ければお金を借りることができますし、信用できないと判断されれば審査に落ちることになります。
この信用度は、申し込んだ人が本当にお金を返してくれる人か、借入金額が多すぎないか、過去の借入状況などによって決まります。
お金を借りる人が持ち家に住んでいたり、勤続年数が長ければ信用度が高くなります。
また、収入に合っていない借入金額を提示してしまうと信用度も下がり、審査に落ちることもあります。
過去に他の会社で返済を延滞したり、今現在他社で多くの借入金がある場合にも信用度が下がり、審査に落ちてしまいます。
このように、金融業者から見て信用度が低い方ほど、審査で落ちることになります。